ノブのブログ

1988年生まれ。男。妻子あり。アラサー男が「興味を持ったこと」について書いていくブログです(^0^)

キリン一番搾り ご当地に乾杯シリーズ

f:id:xxxnobuxxx:20180424152801j:plain

ど~もノブです(^0^)

昨年、夏に宮崎→熊本を旅行した際に自分へのお土産として買ったご当地に乾杯シリーズ(^o^)

キリンビールの企画で2016年に47都道府県の一番搾りが発売され、好評で2017年も販売されました(^0^)

今年は何もアナウンスがありませんが、発売されることを期待してレビューを振り返りたいと思います(^0^)

第一弾は2017年4月4日に販売開始され、新潟県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、三重県、佐賀県、長崎県、大分県の9都道府県の一番搾りでした。

北海道、宮城県、茨城県、神奈川県、愛知県、滋賀県、兵庫県、岡山県、福岡県キリンビール9工場がある都道府県の一番搾りは「〇〇づくり」(〇に県名が入ります。)として、その他の38都府県は「〇〇に乾杯」(〇に県名が入ります。)といった名前で販売されました。

九州でいうと作ってる全部同じ工場ですが、地域ごとに食べ物や風土に合わせて味が異なるように作られているそうで、気になっていたので飲み比べてみることにしました(^0^)

第1弾として、会社の先輩から頂いた「福島に乾杯」「宮崎に乾杯」「熊本に乾杯」を比べてみました◎

f:id:xxxnobuxxx:20180424152801j:plain

福島に乾杯

他の2つに比べて色が薄い。そして香りがすごい。苦味はあまり感じず飲みやすいです。

宮崎に乾杯

他の2つの間くらいの色合いで、サラっと飲めました。そして少し甘く感じました。

熊本に乾杯

他の2つに比べて色が濃いめです。ガツンとキレがあります。これは少し苦味を感じました。

飲みながら気付きましたが、普通の一番搾りを飲み比べてなかったです(ToT)
そして一気に3本空けるとお腹いっぱいになることが分かりました_| ̄|○

 

そして第二弾として、後日、近所のスーパーにまさかの横浜、福井、埼玉、岩手を見つけたので購入しました(^o^)
f:id:xxxnobuxxx:20180424151830j:plain

横浜づくり

さらっとしてるが香りが強い。
ビール好きな人は好きな気がします。

福井に乾杯

これもさらっとしてるけど香りは弱い。
苦味も弱く、さらさらと飲め、ビールが苦手な人も飲める気がします。

埼玉に乾杯

上記の2つに比べるとキレがあります。
比較的飲みやすい印象です。

岩手に乾杯

これは上の3つと違ってコクが強い。
前回飲んだものていうと熊本に近く、ビール好きな人にはオススメです。

第一弾のも併せて7種類飲むことができました◎

2018年もこの「ご当地シリーズ」があるのか分かりませんが、あったら別のご当地も飲んでみたいですね(^0^)