ノブのブログ

1988年生まれ。男。妻子あり。アラサー男が「興味を持ったこと」について書いていくブログです(^0^)

「線維筋痛症」の疑いあり。

ど~もノブです(^0^)

改めまして、あちらのブログは「長崎」のことに特化させたいので、雑記的なことはこっちに載せていきたいと思います◎

 

いきなりですがタイトルにも書きました「線維筋痛症」の疑いがあるそうです。

えぇ、私にです(^_^;)

 

「線維筋痛症」とはなんぞや?と思う方がほとんどだと思いますので、簡単に話しますと。

関節、筋肉、腱など身体の広範な部位に慢性の「痛み」と「こわばり」を主症状とし、身体の明確な部位に圧痛を認める以外、診察所見ならびに一般的な臨床検査成績に異常がなく、治療抵抗性であり、強い疲労・倦怠感、眼や口の乾燥感、不眠や抑うつ気分など多彩な身体的訴えがみられ、中年以降の女性に好発する原因不明のリウマチ類似の病気です。

※リウマチ情報センターのホームページより引用

といった病気だそうです。

 

どう書いていいのか分からないので、時系列を追って振り返りたいと思います(^o^;

別にショックで悲壮感にかられているとかそういったことはありませんので、大丈夫です。

むしろ周りの気遣いに感謝感謝の毎日を送っています(^o^;

ということで振り返ります。

 

年度末の忙しい時期を終えた、3月28日。

普段通り過ごしていましたが、夕方から大腿筋に違和感を覚えました。

その時は「ちょっとの痛みくらい大丈夫だろう」ということで何も対処はしませんでした。

 

翌29日

新しい業務を受注したということで現地の確認へ。

この時、ちょっとした山登りになりましたが、ふくらはぎにも違和感を感じました。

あ、違和感は後に筋肉痛のような痛みに変わりました。

 

30日

痛みは上半身にも広がり、両腕が筋肉痛のような痛みを伴うようになりました。

 

31日

とうとう痛みは指まで達し、文字を書くのも苦痛になるほど痛みがありました。

キーボードで文字打つ方が楽です(^0^)この違いは何なんだ?

この時にとうとう我慢できず、救急外来に行くことに。

問診を受け、レントゲンを撮るも骨や軟骨に異常はなし。

詳細な検査がこの日はできないということで痛み止めを処方され、帰ることに。

※このときロキソニンを処方され服用しましたが、一切痛みが引くことはありませんでした。

 

すごく痛むような書き方をしていますが、何も動かなければ基本的に痛みはありません。

物を持ち上げたり、掴む力が非常に弱くなっていて、生活に支障が出ている感じです。

妻には負担をかけてしまいました(-_-;)

 

4月1日

なんとか会社には行けそうだったので出社。

会社近くに風邪を引いたときにお世話になっている内科の先生がいて、

調べてみると「リウマチ科」もされていたので、とりあえず行ってみることに。

診察の結果、症状としては熱を伴っていないため、「何とも判断しにくい」とのことで、血液検査をすることに。

検査結果は翌日に出るということで、予約を取り帰ることに。

 

2日

検査結果を聞きに病院へ。

血液検査の結果は「異状なし」

白血球や血糖値など何も異常は見つかりませんでした。

この後に先生から言われたのが、タイトルにも書いた「線維筋痛症」という病名。

決まった検査を受け、痛む箇所が特定数以上あり、3ヶ月以上痛みが続いた場合、「線維筋痛症」と診断されるそうで、、、。

私の場合まだ1週間程度なので、はっきりとした診断はできないと言われましたが、

症状は一致しているとのことでした。

 

 現在、「ワントラム」「リリカ」という2つの薬を飲んでいます。

この薬は、持続性がん疼痛・慢性疼痛治療剤、疼痛治療剤(神経障害性疼痛・線維筋痛症)に効果があるそうです。

何やら重々しい病名があるので、やばそうな感じがしますが、たまたま会社で近くに座っている同僚の方も「リリカ」を服用していることが判りましたwww

その人はヘルニアの痛みを和らげるために飲んでいるそうです◎

ちなみにリリカには食欲を増進させる副作用があるらしく、服用する際は食べ過ぎに注意と話を受けました。

 

まだ症状が出て、薬も飲み始めたばっかりなので何とも言えませんが、症例を調べていると治っている人もいれば、治らない人もいるようで、、、。

 

このまま症状が続いたらどうしようかなー?なんて考えたりもしますが、家族の支え合って「治るように頑張るか!」と気持ちは前向きです(^0^)

 

とりあえず妻と今後の家事のことなど話をしていたら、「筋力不足に感じる分はさらに筋トレして鍛えれば補えるんじゃない?」という謎理論を唱えられました。

えぇ、今まで通り家事はちゃんとしますよ(*_*;

 

とまぁ、私の最近の報告でした(^0^)

このことに関しては、病名の判断ができる3ヶ月後くらいにまた書きたいと思います(^0^)

その時までに治っているといいですが(^o^;

でわでわ(^0^)ノ